トップへ戻る  新着情報  このサイトについて






トップへ戻る  > 再就職 > 事例(ロールモデル)

見出しか顔写真をクリックすると、キャリア形成事例インタビュー、リンク先が表示されます。
 


地域から学校を支える活動〜生重幸恵さん  

banner
<プロフィール>
北海道札幌市生まれ。結婚・出産後は、東京で3人の子どもの成長に伴い、児童館の手伝いやPTA会長を経験するとともに、フリーランスで市場調査の仕事にも就き、社会の世情を様々な角度から見てきた。学校教育へ地域の立場から支援していくことの必要性を痛感し、現在の活動に専念することを決意。2002年東京都杉並区より「学校教育コーディネーター」(第1号)に任命された。また、これを機に、NPO法人を設立し、学校と地域をつなぐさまざまな活動の企画、運営を展開。文部科学省、内閣府、経済産業省、東京都等の役職を歴任、さらに学校サポーターやキャリア教育コーディネーター等の人材育成で全国的に活躍している。(50代)


「女性学」の学習を男女共同参画プラザの運営という仕事につなげる〜千田晶子さん  

banner
<プロフィール>
大学卒業後2年間小学校教員。結婚で仕事を辞め、夫の転勤先、東京で2年間暮らす。その後青森に戻り、現在青森市在住。二男一女の母。末子が小学校に入ってからPTA活動以外の社会を見たいと「青森県女性の船」事業に参加。以後、市のリーダー養成講座等、男女共同参画に関する学習を続けるともに活動にも力を注ぐ。青森市の男女共同参画プラン作成のための意識調査を請け負うことから収入を得るようになり、青森市男女共同参画プラザに勤務。2005年NPOの立ち上げに加わり、2007年から男女共同参画プラザの指定管理者。現在は、NPO法人の副理事長であり、青森市男女共同参画プラザ「カダール」と青森市働く女性の家「アコール」の副館長をつとめる。(50代)


働きつつ、活動を継続。女性のネットワークを形成〜田口輝子さん  

banner
<プロフィール>
両親の教育方針もあり、高校卒業時には、手に職を持って経済的に自立する道を強く志向していた。専門職として保育士をめざし、大学で資格を取得。1972年、就職に際し信州大学医学部の教職員のための保育園が開設されることになり、その立ち上げから関わる。1989年園長に就任。定年後も嘱託園長として勤務。2011年に松本市議会議員選挙に、市民型選挙で当選。一方、学生時代から女性の地位向上や社会の動きに関心を持ち、仕事と並行して社会活動をずっと行ってきた。現在はみんなの学校in松本企画委員会代表、I(アイ)女性会議長野県本部議長を務めている。(60代)


専門職として働き続けながら女性技術士のネットワークを構築〜岩熊眞起さん  

banner
<プロフィール>
大学卒業後、建設コンサルタントに勤務する傍ら、土木技術者女性の会や女性技術士の会を設立。国際女性技術者・科学者ネットワーク運営委員会の活動を通じて、女性が活躍できる環境づくりや女性技術者の地位向上とキャリア形成支援活動を行ってきた。国立高等専門学校機構理事や技術者を目指す女子学生を支援する会代表を歴任し、若手女性技術士の支援の一環として「技術サロン」を開催し、後輩女性の育成に努めている。現在、環境モニタリングを行う建設コンサルタントで観測・調査・試験部門担当の執行役員として勤務する一方、文部科学省での技術教育、技術士制度に関する各種委員会委員等を務める。(60代)


専業主婦からNPO法人に参画し、男女共同参画センタースタッフに〜伊藤静香さん  

banner
<プロフィール>
女子短大卒業後、商社に勤務、結婚のため退職。夫の転勤で岐阜県多治見市に転居。子育てに悩み「親業訓練講座」を受講。小学校の図書ボランティアグループを設立。NPO法人ウイン女性企画が名古屋市男女平等参画推進センター管理運営を受託し、スタッフとなる。NPO法人参画プラネット設立、常任理事となる。その後夫がカナダに転勤、家族で移住。在宅ワークでNPO活動を継続。カナダ在住中に執筆した実践事例研究が『国立女性教育会館研究ジャーナル』11号に掲載される。帰国後、NPOの職場に復帰。研究ジャーナル掲載の実績が認められ、名古屋市立大学大学院の受験資格を得て受験。人間文化研究科博士前期課程に入学。


エンパワメントの思想に立った子育て支援を目指して〜河合容子さん  

banner
<プロフィール>
大学で保育士、幼稚園教諭の資格を取得。横浜市の保育士となる。その後、転職し結婚。名古屋市へ転居し、子どもが生まれ、仕事から離れる。子育てをしつつ再び大学へ。再度保育士として働いた後、生活クラブ生協の活動に携わる。その後まめっこ親子教室という子育て支援を開始。東邦学園短期大学女性自立支援センター事務局員となり、CAPと出合う。まめっこ親子教室についてまとめた実践事例研究が、『国立婦人教育会館研究紀要(当時)』に掲載される。「フェミニストサポートセンター東海」と「CAPかざぐるま」の立ち上げに参画し、現在は中間支援NPOの事務局職員。(50代)


女性センターライブラリーの情報エキスパートとして働く〜木下みゆきさん  

banner
<プロフィール>
大阪府出身。大学に進学後、企業に就職。2年後に退職し、「つくば科学万国博覧会コンパニオン」となる。その後さまざま職を経て、大学図書館の嘱託職員(司書)に。1994年大阪府立女性総合センターを管理運営する大阪府男女共同参画社会づくり財団(現大阪府男女共同参画推進財団)職員となる。働きながら大学院に進学し修了。現在、大阪府男女共同参画推進財団企画推進グループアシスタントディレクター兼情報総括チーフ。(40代)


人とふれあい、仕事を深める〜建築士 金野美穂さん〜  

banner
<プロフィール>
大学の建築科を卒業後、不動産会社や設計事務所、工務店に勤務。さらに自分の設計事務所を経営し、さまざまな経験を積み重ねてきました。現在は、一級建築士として住宅販売会社に勤務し、リフォームを担当。建築の技術だけでなく、人とのふれ合いやコミュニケーションを大切にしながら、設計・設備の仕事をしています。(40代)


ものつくりのおもしろさに魅せられて〜企業研究員 関根(田崎)啓子さん〜  

banner
<プロフィール>
日本女子大理学部で物理学を専攻。卒業後、大手印刷会社附属の基礎研究所に就職。勤め始めてから約10年、現在は液晶テレビ用部材である「位相差フィルム」の開発を担当しています。同じ会社の研究員である夫と結婚し、3年前に出産しました。産休後すぐに職場に復帰。現在は、子育てをしながら研究の仕事を続けています。(30代)


コツコツと積み上げてこそのキャリア〜公務員 飯尾聡子さん〜  

banner
<プロフィール>
高校を卒業後、公務員試験を受けて県職員として就職。県下の統計データにかかわる仕事や、経理、パスポート発行、秘書などの仕事を務めてきました。現在は熊本県男女共同参画センターの職員として、女性のための講座の運営、情報提供、相談など、男女共同参画社会づくりにかかわるさまざまな事業に携わっています。


自身のキャリアの追求と女性の地位向上の社会活動をともに〜会社員 田中恭子さん〜  

banner
<プロフィール>
大阪府出身。大学の外国語学部を卒業後、外資系企業に就職。結婚を機に転職。出産後もさまざまな会社で仕事を続け、現在は自動車製造会社の生産部門で女性初の管理職として働いています。4歳の娘を抱え、ベビーシッターなども活用しながら、バレーボールやNGO活動にも積極的に取り組み、NGO国際女性の地位協会理事も務めています。(30代)


研究職から広報へ〜自分が輝ける場所は必ずある〜高橋説子さん  

banner
<プロフィール>
コニカミノルタビジネスエキスパート株式会社CSR推進部ブランド推進G(グループ報編集部)インナーコミュニケーションチーム、チームリーダー。高等専門学校を卒業し、コニカミノルタ(旧コニカ)に就職。当初は磁気テープの開発をしていたが、自分が研究に向かないと分かり、社内のチャレンジ制度を利用して異動。現在は社内報で情報を発信し、社員一人一人が社のブランドイメージを体現しつつ、楽しく、活き活きと働く環境をつくるために、コミュニケーションの側面から何ができるかを考えています。(30代)


青年海外協力隊の経験を経て、高校・中学の理科の教員に〜 笹川真理さん  

banner
<プロフィール>
大妻嵐山中学校・高等学校教諭。熊本県生まれ。茨城大学理学部生物学科を卒業後、1995年から青年海外協力隊員の理数科教員として2年半ケニアに赴任。結婚、出産を経て2002年4月より大妻嵐山中学校・高等学校で、高校の生物の教員として勤め始めました。その後、工学院大学で中学校理科の教員免許を取得、現在は主に中学校で理科を教えています。(30代)


地域の中で老後を迎える〜介護サービスで第二のふるさとを暮らしやすくする〜山尾宏子さん  

banner
<プロフィール>
横浜市で介護を中心とした地域福祉事業をおこなっているNPO法人「有為グループ」の前理事長。現在もヘルパーとして活動に参加しています。生協活動を長年つづけ、生協の理事長を務めた後、「有為グループ」の設立に関わり、リーダーとして活動を引っぱってきました。(70代)


地域のニーズにあった福祉NPO〜自営業と地域活動の経験をいかす〜須田弘子さん  

banner
<プロフィール>
「まごころサービス福島センター」理事長。福島市で夫と自営業を営みながら、高齢者ケアの地域活動を開始。福祉をしっかり勉強しようと、短大保育科の夜間部に通い、卒業後、仲間と「まごころサービス福島センター」を設立しました。高齢者・障害者のケアや訪問介護員の養成など、地域に密着した福祉サービスをおこなっています。(60代)




(1) 2 3 » 
▲ページトップへ