国立女性教育会館 OPAC

社説 定着させたい男性の育休取得

(日本経済新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 東京 : 日本経済新聞社
出版年 2021.06.10

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7202126734


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    霞が関の男性 育休は1カ月 : 上司が取得働きかけ、民間への波及狙う : 雰囲気づくりが課題 / 学頭貴子
  2. 2
    cover
    社説 育休法改正 「男性も育児」の一歩に
  3. 3
    cover
    「男性版産休」最大4週間 育休取得、確認義務化 改正法成立 企業風土の改善課題 / 石田奈津子
  4. 4
    cover
    社説 男性の育休制度拡充 取りやすい職場増やそう
  5. 5
    cover
    夫の産休4週間 : 改正法成立 企業に奨励義務 : 育休取得率の向上期待 / 矢子奈穂
  6. 6
    cover
    解説 論点スペシャル : 男性の育休取得率上げるには : ニッセイ基礎研究所主任研究員 久我尚子氏 柔軟に取れる仕組みを : 昭和女子大特命教授八代尚宏氏 現状では絵に描いた餅 / 吉田尚大, 太田晶久, 野島正徳
  7. 7
    cover
    新訳男女語り合おう : 育児休業、取りやすい会社へ : 「戦力」と捉えて業務の効率化図る 働き方見直す契機に : 鍵は男性の意識改革 / 斉藤幸奈
  8. 8
    cover
    「分割可」育休取りやすく 法改正案 来月国会へ : スキャナー : 母と父交互に2回ずつ想定 : 男性制度は「世界一」 取得可能日数「使わないともったいない」 / 上野綾香, 坂場香織
  9. 9
    cover
    男性も「産休」最大4週間 改正法成立へ 育児参加促す 取得働きかけ 企業に義務
  10. 10
    cover
    育休の意思確認 義務化 改正法成立へ 「男性産休」も新設 「育休いつ?」声かけ重要 取得100%の企業は徹底 / 岡林佐和, 井上昇

戻る ページトップ