国立女性教育会館 OPAC

日本軍「慰安婦」問題の歴史と現状について / 吉見義明

(月刊女性&運動;403)
データ種別 和雑誌記事
出版者 東京 : 新日本婦人の会
出版年 2016.03.00
掲載ページ p.25-32

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
和雑誌記事
3000045650


禁帯出

書誌詳細を非表示

著者標目 吉見, 義明 <ヨシミ, ヨシアキ>
件 名 WISH:戦争責任
WISH:歴史
WISH:植民地
FREE:河野談話
FREE:アジア女性基金
FREE:日韓合意
書誌ID BB11366209

類似資料

  1. 1
    cover
    私の視点 : 日本軍「慰安婦」問題 : 「積極的平和」に向け貢献を / 新潟国際情報大学教授吉沢文寿
  2. 2
    cover
    日韓国交正常化50年 : 歴史の溝どう埋める次代の友好模索続く : 柳興洙・駐日韓国大使 相互理解へ粘り強く : 別所浩郎・駐韓日本大使 共通の利害を土台に / 富山祐, 小田中大, 黒川晋史, 澤田克己, 松井豊, 米村耕一, 大貫智子, 平野光芳
  3. 3
    cover
    インタビュー 慰安婦問題の明日 : 京都大学教授 小倉紀蔵さん : 政治的解決の合意対立や摩擦を含め日韓共通の財産 : 元慰安婦の支援 多様な歴史観包摂する努力を / 箱田哲也
  4. 4
    cover
    慰安婦問題を考える : アジア女性基金の検証を : 大沼保昭さん明治大特任教授 : 尊厳の回復何よりも大切
  5. 5
    cover
    70年談話 有識者懇の報告書(要旨) : 日本は戦後70年、中国、韓国をはじめとするアジアの国々とどのような和解の道を歩んできたか。
  6. 6
    cover
    記者の目 : [韓国紙記者が考える慰安婦問題] : 忍耐と配慮日韓に必要 : 政治家の言動で「謝罪」浸透せず 「法的賠償」要求国際社会後押し / 鮮干鉦
  7. 7
    cover
    「戦後70年談話」21世紀構想懇談会報告書 要旨
  8. 8
    cover
    北田暁大が聞く危機の20年 : 第1回 自社連立の遺産 : ゲスト 村山富市さん / 鈴木英生
  9. 9
    cover
    慰安婦問題を考える : 鄭在貞さんソウル市立大教授 : 日韓両政府が心のケアを / 箱田哲也
  10. 10
    cover
    私の視点 : 日韓首脳会談を望む : 五輪機に観光交流進めて / コリアNGOセンター事務局長金光敏

ページトップ