国立女性教育会館 OPAC

ご近所のお医者さん : 友紘会総合病院産婦人科部長 藤本昭さん=茨木市 : お産の事情 : 本当に安全なものとするために

(毎日新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 大阪 : 毎日新聞社
出版年 2009.10.27

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7200906222


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    県病院協会周産期医療で議論 : 「大淀」と「橿原」別問題 : 医師の待遇改善訴え
  2. 2
    cover
    府内の周産期医療交流集会報告 : 母体受け入れ「綱渡り」状態 : 小児科医「非常に不安」 : 京都医療過誤弁護団早期の転院重要事故61例の判断分析 / 岡本晃明
  3. 3
    cover
    安全な出産 : からだと向き合う : 体制に関心を / 木村正
  4. 4
    cover
    未受診の実態把握へ : 橿原の妊婦死産で県が調査 : 受診率向上へ第一歩
  5. 5
    cover
    「いいお産の日in大阪」シンポジウム : 新たな命支えたい : 3年連続「お産数日本一」元産院院長進純郎さん産科医・助産師共栄が理想 : 大阪の産科ネットワークの拠点守る末原則幸さん妊娠分娩リスクも知って
  6. 6
    cover
    茨城県医師会フォーラム 産科医や助産師不足養成と環境整備急務 : 「お産を取り巻く環境」について考える
  7. 7
    cover
    お産搬送体制薄氷運用 : 医療機関減る一方 : 奈良の死産県内も実態深刻 : “難民”拡大の危機
  8. 8
    cover
    2007記者ノートから 7 : 産む側と医療側 : 両者の溝は埋まるか / 渡辺渉
  9. 9
    cover
    過酷な産科医勤務 昭和大病院ルポ : ”綱渡り”の診療 : ベッド満床「緊急受け入れ困難」 : 週に1回以上の夜勤や休日勤務 / 神庭芳久
  10. 10
    cover
    フォローアップ : 妊婦受け入れ拒否で死亡 : 産科・救急 連携手探り : 母体救う体制遅れ 医師不足背景に

戻る ページトップ