国立女性教育会館 OPAC

平成時代 子供の安全(2) : 開かれた学校に地域の目

(読売新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 東京 : 読売新聞社
出版年 2018.11.30

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7201834364


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    社会人Myキャンパス : 教える人キャスター木場弘子 下 : 語れる材料、より多く 千葉大・教育学部
  2. 2
    cover
    学校の安全 5万4000校調査 文科省 : 防犯設備、整備は半数 : 独自にマニュアル91% 訓練実施85% / 大島大輔 学校安全調査 地域の目、校内に 集会の場提供「防犯効果」 / 河野正一郎
  3. 3
    cover
    小中学校に「安全員」子供の防犯民主が法案
  4. 4
    cover
    母は歌う息子の教室で : 付属池田小事件17年 週1回会えた気持ちに : 若手教諭経験継ぎ発信 安全教育の本/訓練公開
  5. 5
    cover
    新 教育の森 : 子どもの安全 住民の手で : 声かけ、散歩、パトロール きめ細かく見守る : 防犯カメラ、警備員配置など進む設備面の改善 / 野倉恵
  6. 6
    cover
    子どもを守ろう 「学校安全法」を考える 上 : 池田小事件から3年・・・ 設備と人で不審者防ぐ : 先生も安心「安全職員」の配置 : 遺族 教訓生かす具体策要望 / 岩岡千景
  7. 7
    cover
    池田小事件報告書 「教員の危機意識不足」 訓練未実施6割 : 不審者には複数で対応を 教員免許, 安全科目必須に : 学校ごとに対策を 事件の教訓が風化
  8. 8
    cover
    県教委 : 登下校の子ども被害想定 : 対応マニュアルを作成
  9. 9
    cover
    記者の目 : 奈良・小1女児事件意見陳述 青木絵美(奈良支局) : 「玄関前に無言の娘が…」 切ない 子を思う親心
  10. 10
    cover
    子どもを守ろう : 埼玉県戸田市の取り組み : 安全確保へ人に投資 : 約4800万円、来年度から全額市費 / 岩岡千景

戻る ページトップ