国立女性教育会館 OPAC

性犯罪実態 裁判官に訴え : 研究会で被害者自ら語る : 「死感じるほどの恐怖」

(埼玉新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 埼玉 : 埼玉新聞社
出版年 2020.03.30

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7202002229


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    性犯罪「司法判断おかしい」 : 相次ぐ無罪「刑法改正を」 : 被害者団体、法務省に要望書 : 「何が性犯罪になるのか」 / 出田阿生
  2. 2
    cover
    娘に準強制性交 逆転有罪 : 名古屋高裁「抵抗は不能」 : 懲役10年判決 : 女性「やっと少しほっと」 / 川瀬慎一朗 [ほか]
  3. 3
    cover
    性暴力無罪許さない : 花を手に全国9都市でデモ / 平川昌範, 山下貴史
  4. 4
    cover
    記者の目[性暴力問題を追い続けて] : なかったことにさせない : 同意ないのになぜ1審無罪 : 「場」さえあれば被害語りたい / 安部志帆子
  5. 5
    cover
    娘に準強制性交 有罪確定 : 最高裁上告棄却 実父に懲役10年 : 被害者「つらい日々終わった」 / 近松仁太郎, 遠山和宏
  6. 6
    cover
    検証 : 広がる刑事裁判議論 判決文公開1%未満 確定後「門前払い」も : 判決文公開基準不明確 : 「事なかれ主義の表れ」「国民が監視すべきだ」 / 中川聡子
  7. 7
    cover
    オピニオン&フォーラム 性暴力が無罪になる国 インタビュー : 「ノーという判断女性はできない」それが日本の司法弁護士角田由紀子さん : 何を守る法か男社会が築いた常識を問い返す / 河原理子
  8. 8
    cover
    性的虐待 逆転有罪確定へ : 最高裁 上告棄却 実父に懲役10年 : 娘に準強制性交
  9. 9
    cover
    フラワーデモ 県内初開催 : 11日県民広場 性犯罪の法改正訴える
  10. 10
    cover
    性犯罪刑法見直し訴え : 被害者団体 法相に要望書提出 / 塩田彩

戻る ページトップ