国立女性教育会館 OPAC

外国人女性に寄り添う支援 : 大阪の団体 28日兵庫・尼崎で講演 / 松尾慈子

(朝日新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 大阪 : 朝日新聞社
出版年 2019.09.26

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7201905229


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    まちかど人間録 : 外国人支援を20年続けている元教師松浦篤子さん(49)=大阪市中央区 : 「もし自分なら」思い胸に活動 / 山崎成葉
  2. 2
    cover
    逃げ場ない”見えない存在”外国籍女性のDV被害 : 夫が握る在留権利 新制度や条約に不安 : 保護割合 日本人の5倍超 / 田中大樹
  3. 3
    cover
    活動情報1 : トレピエサポーター(兵庫県尼崎市) : 女性センターで学び、事業の企画・運営をサポートしながらセンターと協働できるグループへ成長しようとしています / 堀久美子
  4. 4
    cover
    関西でアフガン難民支援を続けるカトリック国際協力委員会の松浦篤子さん
  5. 5
    cover
    ノーベル平和賞マララさん記者会見決意新た「これは始まり」 : ノーベル平和賞「印パ」改善期待の声両政府戦闘沈静化に含み : 希望の光国境越えマララさんアフガン女性に勇気 : サティヤルティさん子の労働「私たちは働くために生まれた」不条理な言葉に怒り原点 / 坂井隆之, 金子淳, 和田浩明, 草野和彦, 福島良典, 重石岳史, 高尾具成
  6. 6
    cover
    タヒャンサリ異郷暮らしノンフィクション作家高賛侑 : 夫からのDV被害耐え忍ぶ外国人女性ら : 救済へ闘う強固な意志 : 弁護士梁英子さん
  7. 7
    cover
    10日から第49回婦人週間 : 県内でも講演やビデオ上映
  8. 8
    cover
    外国籍女性へのDVに救済の輪 つながれっと : 支援団体, きょう交流会
  9. 9
    cover
    DV被害の外国人救え : 川崎に駆け込み寺「カラカサン」発足
  10. 10
    cover
    「家族」になれる瞬間 : 転換期の里親制度 上 : すごいやりがい国の支援で希望者は増える / 玉木達也

検索結果一覧に戻る ページトップ