国立女性教育会館 OPAC

性暴力を問う 第4部 海外からの報告 (3) : : 子ども被害「事実どう引き出すか」 : つらい記憶 聴取の負担軽く

(読売新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 大阪 : 読売新聞社
出版年 2010.10.17

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7201006249


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    性暴力被害支えの場 各地に「センター」次々 : 医療・告訴・心のケア 一か所で : 子ども聞き取り特化の窓口も
  2. 2
    cover
    性暴力を問う第6部明日への一歩(下) : 仲真紀子さん北海道大文学部教授(認知発達心理学) : 子どもの司法面接普及を : 取材班から「理解者」増えれば / 佐々木栄
  3. 3
    cover
    虐待児を支援横浜にNPO : 児相や警察と連携
  4. 4
    cover
    社説2012年7月13日 : 性犯罪被害者 : 心の傷癒やす態勢整備を
  5. 5
    cover
    性犯罪・性虐待被害者の救済のために / 後藤啓二
  6. 6
    cover
    もっと知りたい! : 性犯罪者GPS監視韓国では : 検討から実施に10年被害者対策・教育にも力点 : 日本の再犯率、37.5%宮城知事、今月下旬に最終判断 / 河原理子, 上田学
  7. 7
    cover
    医療・精神ケア...一元的に支援 : 性暴力悩まず相談して : 大阪の病院内、来月開設 産婦人科医ら常駐 : 総合窓口、モデルは韓国 全国16ヵ所警察病院などに併設
  8. 8
    cover
    性暴力被害、1ヵ所で支援 : 発足から1年半 千葉「ちさと」NPO法人化へ : 認知度向上、体制充実目指す
  9. 9
    cover
    性被害者支援へ 医療拠点始動 : 県運営 病院に併設 きょうから24時間対応 : 性被害相談10代以下33% ワンストップセンター 知人相手7割 : フリーダイヤル化を提言 支援団体
  10. 10
    cover
    言 : 性暴力被害 : 嫌と言う権利認めているか 性暴力被害者サポートひろしま代表理事 北仲千里さん / 平井敦子

検索結果一覧に戻る ページトップ