国立女性教育会館 OPAC

歴史戦 第2部慰安婦問題の原点(1) : 河野談話ヒアリング対象者判明 名を連ねる虚偽証言者 : 中国系反日団体が参戦米慰安婦像撤去訴訟で陳述書「日本は何度も謝罪」強調 : 「朝鮮人慰安婦供給源の基礎」「完全な創作」世界に増殖」 謝罪するも訂正せず

(産経新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 東京 : 産経新聞社
出版年 2014.05.20

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7201426514


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    歴史戦 第6部「主戦場」米国(4) : ホンダ氏、反日団体先兵に : 「圧力戦略」と「世紀の冤罪」
  2. 2
    cover
    歴史戦 : 米慰安婦像訴訟 共闘阻止へ原告側 : 中国系の意見書排除要求 / 中村将
  3. 3
    cover
    歴史戦 (3) 第6部「主戦場」米国 : 強制連行と談話巧妙利用 : 米司法・行政は「決着済み」
  4. 4
    cover
    歴史戦 : 慰安婦広告掲載へ在米反日団体 募金、目標額大幅下回る / 中村将
  5. 5
    cover
    元慰安婦報告書ずさん調査氏名含め証言曖昧河野談話根拠崩れる本紙入手 : 石原元官房副長官に聞く日本の善意裏切られた「河野談話」全文 : 新聞週間2013社説検証1慰安婦問題 : 水平垂直 / 阿比留瑠比, 佐々木美恵
  6. 6
    cover
    慰安婦像撤去 米グレンデール市提訴 : 河野談話の検証期待 : 日系団体「あいまいさ」公表狙う / 中村将
  7. 7
    cover
    歴史戦 第6部「主戦場」米国 (1) : サンフランシスコに新たな慰安婦像計画 : 中華街舞台に反日拠点 中国系が準備委設立 : 米首都で「強制連行」宣伝 / 中村将
  8. 8
    cover
    慰安婦問題米日系紙上で論争 : 日本側主張に中国系団体抗議 / 古森義久
  9. 9
    cover
    慰安婦問題で韓国非難 外務省文書 請求権 態度変えた : 新帝国時代 番外編 : 慰安婦決議 根拠は河野談話 外国議会で独り歩き : 「彼女らは大金稼ぎ欲しいもの買えた」 1944年ビルマ 米国報告書 / 阿比留瑠比, 田北真樹子
  10. 10
    cover
    歴史戦 : 米慰安婦像撤去訴訟 判事発言「日本なぜ意見表明しないのか」 : 菅長官「設置全く相いれない」

検索結果一覧に戻る ページトップ