国立女性教育会館 OPAC

お産も選ぶ時代に 富士吉田で開かれたマタニティートークから : 病院任せなんてイヤ 主体性持ち自分流で

オサン モ エラブ ジダイ ニ フジヨシダ デ ヒラカレタ マタニティー トーク カラ : ビョウイン マカセ ナンテ イヤ シュタイセイ モチ ジブンリュウ デ

(山梨日日新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 甲府 : 山梨日日新聞社
出版年 1996.04.06

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7709603759


禁帯出

書誌詳細を非表示

別書名 その他のタイトル:女性記事
その他のタイトル:婦人問題96-2
人名 きくち, さかえ <キクチ, サカエ>
アルサテ, 千鶴 <アルサテ, チズル>
広瀬, 由美子 <ヒロセ, ユミコ>
小林, 美智子 <コバヤシ, ミチコ>
件 名 FREE:富士吉田市
FREE:ナノリウム
FREE:マタニティーコーディネーター
FREE:陣痛促進剤
FREE:会陰切開
FREE:子宮破裂
FREE:脳性まひ
FREE:副作用
FREE:座位分娩
FREE:水中出産
FREE:助産婦
FREE:生活問題
FREE:家庭医学
書誌ID BB10136341

類似資料

  1. 1
    cover
    機会に囲まれたお産いや : 自然分娩へ妊婦走る 助産婦中心に運動 医師の支援不可欠
  2. 2
    cover
    もうくり返さないで 陣痛促進剤の被害 使用を知らされず・・・子宮破裂,一歳十カ月で死んだわが子 深刻な被害実態 医療側の都合で安易に
  3. 3
    cover
    自分に合ったお産選べます 「分娩室内の現状もっと考えて」施設の下調べをして 産婦はどんどん要望を! : マタニティー・コーディネーターきくちさかえさんに聞く
  4. 4
    cover
    産む側2200人が語るお産って何だろう : ぐるーぷ・きりんのアンケート報告 / 阿部真理子編著
  5. 5
    cover
    陣痛促進剤 : 患者と医師に隔たり : 子宮破裂で新生児死亡 十分な説明なく投与 : 陣痛促進剤で死亡事故 : 使用法改訂後 3年間で母子7人
  6. 6
    cover
    自然なお産を 見直される助産院 : 病院の管理重視に不満
  7. 7
    cover
    私たちのお産からあなたのお産へ : アンケート493人の声より / ぐるーぷ・きりん編
  8. 8
    cover
    すくすく : 積極的なお産のすすめ : 500人の出産体験を冊子で紹介 : 自宅出産,水中出産 病院から母親の手へ : 多い説明不足の病院 健康なら自然出産も
  9. 9
    cover
    陣痛促進剤 沖縄では 2 : 副作用の説明もなく : 過強陣痛後も投与続ける
  10. 10
    cover
    医師任せにしない出産を 説明不十分の場合が多い 女性グループが調査を冊子に 「陣痛促進剤使用」や「切開」など

検索結果一覧に戻る ページトップ