国立女性教育会館 OPAC

院内助産所助産師外来 : 開設促進にガイドライン : 県、来年度に策定 : 医師の負担軽減

(福島民報)
データ種別 新聞記事
出版者 福島 : 福島民報社
出版年 2009.12.11

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7200907226


禁帯出

書誌詳細を非表示

類似資料

  1. 1
    cover
    周産期医療現状は : 山形でフォーラム県内の課題など議論
  2. 2
    cover
    「自宅出産」困難に : 医師の協力得にくく助産師生かす連携課題 : 県内でも静かなブームなのに・・・
  3. 3
    cover
    論説 : 助産師活用 : 「岩手型お産」を築こう : 遠野市が助産院計画安全で快適な出産を / 小笠原裕
  4. 4
    cover
    東京の妊婦死亡問題で滋賀の現状は : 県の総合周産期母子医療センター指定大津日赤・小笹産婦人科部長に聞く : 救急との連携整う夜間当直医1人呼び出し1人待機 : 転院搬送件数は増加傾向 / 岡本壮
  5. 5
    cover
    「いいお産の日in大阪」シンポジウム : 新たな命支えたい : 3年連続「お産数日本一」元産院院長進純郎さん産科医・助産師共栄が理想 : 大阪の産科ネットワークの拠点守る末原則幸さん妊娠分娩リスクも知って
  6. 6
    cover
    産科2人主治医制 : 31週目まで近隣医院 32週目以降受け入れ : 市立豊中病院 : 府内初、医師の負担減へ
  7. 7
    cover
    やまがた周産期医療 下 : 10年開設予定の総合母子医療センター : 実情に沿い「山形方式」3病院連携医師不足補う / 烏美紀子
  8. 8
    cover
    地域医療再生 : 来れ産・少子化研修医「後期」対象最大720万円貸し付け : 県内勤務で返還を免除
  9. 9
    cover
    産科救急 下 : 月505時間過酷勤務 : 医師確保へ待遇改善を : (1)産科医を増やす(2)女性医師、開業医の活用 / 館林牧子, 山崎光祥, 深谷敏之
  10. 10
    cover
    迫る : 県立中央病院小児外科開設4ヵ月 : 出張手術解消医師の負担軽区 : 妊産婦に安心感 / 中田真紀

検索結果一覧に戻る ページトップ