国立女性教育会館 OPAC

孤立死対策住民が主役 : 都内の集合住宅 お隣さん気に掛けて

(埼玉新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 埼玉 : 埼玉新聞社
出版年 2012.05.27

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7201225715


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    社説2012・4・25 : 命への想像力をもっと 「孤立死」の時代に : 先駆け北九州市の4年異変察知地域ぐるみで再発防げ : 草加松原団地住民、市広報紙配る / 大野孝志
  2. 2
    cover
    死亡女性宅入室遅れる : 都営住宅公社と市、連携できず
  3. 3
    cover
    立川でまた孤立死 90代母と60代娘か 都営アパート : 2月の母子死亡 中間報告 母のSOS見過ごした市 頭痛・ストレス訴えたのに
  4. 4
    cover
    孤立死を防げ 応答なし 親鍵入室も 都営住宅など新手順 : 「職失った」「金がない」「自殺したい」「家族がいても独りぼっち...」「なんでも電話相談」1万8000件のSOS 3月の21日間 7割が30-50代 : 相次ぐ孤立死 青山?氏明治大学大学院教授 地域コミュニティーで「孤立」防止を / 大野孝志
  5. 5
    cover
    未婚のあしたは... 中 : 「ひとりで安心」を手助け : 自治体・住民交流に苦心 : 低い持ち家率、貯蓄にも不足?
  6. 6
    cover
    憲法いま問い直す : 孤立死 尊重という名の無関心 / 矢島大輔
  7. 7
    cover
    テレビで防ぐ孤立死 : 北本市とシャープ実証実験 : 電源入/切で安否確認 / 宮本隆康
  8. 8
    cover
    孤絶家族内事件 (5) 第4部「気づかれぬ死」 : 見守り活動に限界 : 異変察知IT活用の動き
  9. 9
    cover
    立川で相次ぐ「孤立死」 : 2人暮らし、どう見守る : 地域ぐるみで検討必要
  10. 10
    cover
    Single Style : 備え : 孤独死を考えておく : 「終焉ノート」埋めていく / 片山一弘

検索結果一覧に戻る ページトップ