国立女性教育会館 OPAC

家族とジェンダーをめぐる法と政策の動向

(月刊女性&運動;416)
データ種別 和雑誌記事
出版者 東京 : 新日本婦人の会
出版年 2017.04.01
掲載ページ p.4-9

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
和雑誌記事
3000046256


禁帯出

書誌詳細を非表示

別書名 その他のタイトル:特集 個人の尊厳の尊重・ジェンダー平等の社会を
著者標目 戒能, 民江 <カイノウ, タミエ>
件 名 WISH:親権
WISH:面接交渉権
WISH:ドメスティック・バイオレンス
WISH:児童虐待
WISH:プライバシー
WISH:出生率
WISH:セクハラ
FREE:親子断絶防止法案
FREE:官制婚活事業
FREE:家庭教育支援法案
書誌ID BB11388228

類似資料

  1. 1
    cover
    法律は、離婚後の親子関係に介入すべきなのか : 面会交流は親の権利か、子どもの権利か、それとも義務か
  2. 2
    cover
    離婚後親子の面会促進 : 「断絶防止」法案提出へ : 超党派、今秋にも両親に努力義務
  3. 3
    cover
    日本のハーグ条約加盟をめぐって : 対談 / 早川眞一郎, 大谷美紀子
  4. 4
    cover
    子の幸せは? : 親子断絶防止法へ活動馳衆院議員に聞く : 離婚後も親の責任意識を : 養育費・面会交流取り決め書面に / 寺本康弘
  5. 5
    cover
    DV家族 ひきこもり・抑鬱...子供に問題多発面会交流はらむ危険 : 父親による殺害事件相次ぐ 義務化の流れ専門家ら警鐘
  6. 6
    cover
    離別後の親子関係を問い直す : 子どもの福祉と家事実務の架け橋をめざして / 小川富之, 高橋睦子, 立石直子編
  7. 7
    cover
    母子の安全脅かされる : 離婚後の親子面会促進 議連法案提出めざす : DV被害者支援団体懸念 推進派「両親の愛情は重要」 / 蓑川裕之
  8. 8
    cover
    国家がなぜ家族に干渉するのか 法案・政策の背景にあるもの 本田由紀・伊藤公雄〈編著〉青弓社 : 生き方断念せずにすむ保障こそ / 齋藤純一 早稲田大学教授・政治学
  9. 9
    cover
    記者の目 : 親子の面会促進法案を考える : 多様な家族観反映を : 「子に両親必要」全てではない 子の利益第一に支援の充実を / 中川聡子
  10. 10
    cover
    離婚後の親子交流促す : 超党派議員立法目指す

検索結果一覧に戻る ページトップ