国立女性教育会館 OPAC

シッターわいせつ事件 : 預けた子供 どう守る?

(産経新聞)
データ種別 新聞記事
出版者 東京 : 産経新聞社
出版年 2020.08.05

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 請求メモ
新聞記事
7202028002


禁帯出

類似資料

  1. 1
    cover
    なくせ性暴力 子供を守れているか(上) : 「小児性愛」見抜くのは困難 : シッター繰り返すわいせつ : 無犯罪証明書 創設求める声
  2. 2
    cover
    男性シッター排除疑問の声 : 仲介サイト性犯罪相次ぎ : 登録時、適正確認甘く : 英は「犯歴なし」証明書提出 / 遠藤富美子, 林理恵
  3. 3
    cover
    保育仲介、安全確保に苦慮 : 続くシッター逮捕、質の担保模索事業者の責任どこまで / 安村さくら
  4. 4
    cover
    私見卓見 COMEMO : 保育から性犯罪を排除するには / 前田晃平(認定NPO法人フローレンス職員)
  5. 5
    cover
    保育中の子 性犯罪から守って : 核心 続く被害 シッターの犯歴確認求める : 英で先例 人権面にハードル / 坂田奈央
  6. 6
    cover
    男性シッター予約停止 運営に物議 : 性犯罪相次ぎ対応 「男性」ひとくくりに批判噴出 : 海外では犯歴照会も / 伊藤舞虹, 高重治香, 中井なつみ
  7. 7
    cover
    国の補助事業で託児シッター201人無届け : 仲介サイト運営
  8. 8
    cover
    ベビーシッターの性犯罪に衝撃 / 山内真弓, 中川聡子
  9. 9
    cover
    ニュース早分かり : わいせつシッター氏名公開 : 処分歴誰でも検索可能に
  10. 10
    cover
    シッターの逮捕「知らされていれば」 : 仲介サイト「キッズライン」性犯罪の疑い相次ぐ : 最初の事件HPに目立たぬ記載だけ 娘の被害気付けずに利用継続 : 政府の後押しで急成長 安全管理は事業者任せ / 伊藤舞虹

検索結果一覧に戻る ページトップ