実施事業データ

最終更新日: 2021/02/18 11:13:12

施設概要 
施設名称
福島県男女共生センター 
実施年度
2016年 
事業名
復興・防災と男女共同参画に関する人材育成事業 ※自主 
事業分野
男女共同参画,その他 
事業対象者
自治体職員、社会福祉協議会職員 
実施回数
2回 
延べ参加者数
32人 

事業のねらい

「男女共同参画の視点からの防災研修プログラム」(内閣府男女共同参画局作成)を用いて、地域における復興・防災における男女共同参画の推進を担う人材育成研修を行った。
(※県が、内閣府男女共同参画局「男女共同参画の視点からの防災研修プログラム」試行実施団体に選考され実施した。) 

具体的なプログラム・講師名・スケジュールなど

○第1回
 開催日:平成29年2月8日(水)
参加者:19名
 講 師:後藤 至功氏(佛教大学福祉教育開発センター講師)

○第2回
 開催日:平成29年2月15日(水)
会 場:福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター交流室
参加者:13名
講 師:浅野幸子氏(減災と男女共同参画推進センター共同代表)

内容は、第1回・第2回とも共通で以下のとおり。
【セッション1】 座学
災害に強い地域社会づくりのため、政策・方針決定過程への女性の参画や男女共同参画視点が不可欠であることを学ぶ。
【セッション2】 グループワーク
被災時の課題を記したシチュエーションシートを用いてグループで話し合う。
【セッション3】 グループワーク
男女共同参画視点からの防災について、行政における現在の課題や解決策を話し合う。
【まとめ】
研修内容に触れながら男女共同参画視点の重要性を確認、振り返りの意見交換やアンケート記入を行う。
 

参考URL
 
事業実施年月日
上記参照